モリンガで二日酔い対策
飲みすぎて頭が痛い、胃がムカムカして気持ち悪い。。。
お酒は飲んでる間は楽しくても、翌日になって後悔するのは嫌ですよね。
ここでは、二日酔いを事前に予防する方法や二日酔いになってしまった際につらさを軽減する方法を紹介します。
また、モリンガで補給できる栄養素についてもご説明します。

二日酔いを引き起こす原因

そもそも二日酔いってどうしてなるのでしょうか?
大きく3つの原因があるので、それぞれについて簡単にご紹介します。

  • 毒性物質(アセトアルデヒド)
  • 脱水症状
  • 胃粘膜へのダメージ

毒性物質(アセトアルデヒド)

肝臓で分解
適量のアルコールであれば、体内ですぐに分解され、二日酔いを引き起こすことはありません。
しかし、肝臓で分解できる許容範囲を超えてしまった場合は、分解作業が追いつきません。
分解されるまでは、毒性のあるアセトアルデヒドという物質が体内にとどまり、二日酔いの症状を引き起こします。

毒性物質(アセトアルデヒド)による症状⇒頭痛、吐き気、身体のだるさ
対策⇒アセトアルデヒドを早く分解する(肝機能を補う栄養を補給)

【もっと詳しく知りたい方だけ】
アセトアルデヒドは、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する物質です。
アルコール量が適量であれば、アセトアルデヒドは酵素によって、すぐに二酸化炭素と水に分解されます。
しかし、アルコール量が分解速度を大きく上回った場合は、すぐに分解することができず、体内に一定期間滞在することになります。
アセトアルデヒドは毒性が強く、肝臓・膵臓・脳・消化器官に大きなダメージを与えることが報告されています。※1
※1:Alcohol Metabolism: An Update
【National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism】

脱水症状

アルコールには利尿作用があります。
お酒を飲んでいると頻繁にトイレに行きたくなるのは、このためです。
さらに、お酒には発汗作用があります。
お酒で水分を取っていて、頻繁にトイレにも行っているので、水分の摂取を控えがちになりますが、実は意識的に水分を摂取する必要があります。
急性アルコール中毒で病院に運ばれると、まずは水分補給のために点滴注射をすることになります。

脱水症状による症状⇒頭痛、身体のだるさ
対策⇒脱水症状になる前に水分補給

胃粘膜へのダメージ

胃で消化
大量のアルコールは胃の粘膜を刺激し、胃に直接ダメージを与えてしまいます。
また、アルコールで胃と食道の通り道が緩み、食道に胃液が逆流してしまうこともあります。

胃粘膜へのダメージによる症状⇒吐き気、胃痛、食欲不振
対策⇒空腹での飲酒を避ける

二日酔いの予防と対処方法

二日酔いになってしまうと、一瞬で治す特効薬はありません。
ここで紹介するのは、以下の方法です。

  • 二日酔いにならないように、事前に予防する方法
  • 二日酔いになったら、つらい時間を短くする方法
  • 二日酔いになったら、症状を緩和する方法

二日酔いにならないように事前に予防する方法

まずは二日酔いならないための予防方法を紹介します。

①しっかりと水分補給をする

脱水症状を防ぐためにも、水分の摂取は重要です。
また、水分をとることで体内のアルコール濃度が下がります。
さらに、水分と一緒に尿として一部のアルコールが排出されます。
飲酒中も飲酒後も水分の摂取を心がけましょう。

②飲む前に固形物を食べる

空腹でアルコールを摂取すると、胃の粘膜が荒らされてしまいます。
はじめに枝豆や漬物などの前菜を食べてから、お酒を飲むようにしましょう。
仕事の飲み会等で、はじめにアルコールで乾杯するときは、コンビニなどでおにぎりを買って、軽く食べておくのもおすすめです。

③自分の体質・体調にあわせて、お酒の量を調節する

お酒の付き合いもあるので難しいとは思いますが、自分の許容量を超えないように調整することが一番大切です。
アルコールを分解する能力は遺伝によって、ある程度は決まっています。

色のついた赤ワインウイスキーテキーラは二日酔いしやすいという研究データがあります。
これは色付きのお酒には「congeners」という物質が含まれ、それが脳の血管や組織を刺激し、体質的に合わない人がいるためだそうです。※2
赤ワインやウイスキー、テキーラで二日酔いしやすい体質の人は、他のお酒を飲むようにしましょう。
※2:Hangover cures【National Health Service】

肝臓が弱っている時は普段よりも、アルコールの分解能力が下がっています。
そんな時は肝臓をサポートするために、十分な栄養睡眠をしっかりととりましょう。
次に、肝機能をサポートする食事を紹介します。

つらい時間を短くする方法(二日酔いを軽減する食事)

食事で栄養補給
アルコールで肝臓を酷使すると、肝臓の働きを補助している栄養素が足りなくなります
また、肝臓がもともと弱っていると、これらの栄養素が足りていない可能性があります。
適切に栄養を補給して、健康な肝臓機能を維持しましょう。

①アミノ酸

アミノ酸の多くは肝機能の強化・維持・保護にかかわっています。
特に、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)※3とアラニングルタミン※4は二日酔いの予防と改善に効果があります。

下記の食品に、それぞれの栄養素が多く含まれています。

  • BCAA:牛肉、チーズなど
  • アラニン:シジミ、ホタテなど
  • グルタミン:イワシ、赤貝など

モリンガ一言メモモリンガにはBCAAアラニングルタミンをはじめとした19種類のアミノ酸が含まれています。
食事だけで全ての栄養を取るのが難しい人には、モリンガもおすすめです。

※3:肝臓とお酒【ゲンキの時間】
※4:肝臓の健康とアミノ酸【アミノ酸大百科】

②ビタミン

ビタミンCとビタミンB1はアルコールの代謝時に肝臓が必要とする栄養素です。
ビタミンは外食が増えると不足しがちなので、積極的に取るようにしましょう。
肝臓の機能を高める働きがあるビタミンB6に、二日酔いに効果があるという研究データ※6もあります。

下記の食品に、それぞれの栄養素が多く含まれています。

  • ビタミンC:フルーツ、緑黄色野菜など
  • ビタミンB1:豚肉、ゴマなど
  • ビタミンB6:レバー、マグロなど
モリンガ一言メモモリンガには13種類以上の必須ビタミンが含まれています。
もちろん、ビタミンCビタミンB1ビタミンB6も含まれています。

※6:7 steps to cure your hangover【Harvard Health Publishing】

二日酔いの症状を緩和する対処方法

アルコールの代謝・分解を補強することも大事ですが、すぐにどうにかしたい時もありますよね。
そういうときは、市販薬を利用することで、症状を一時的に緩和してくれます。
薬の用量・用法は裏面の注意書きをよく読み、なるべく薬剤師に相談して決めて下さい。

①胃腸薬

アルコールは胃の粘膜を刺激し、また胃酸の分泌量を増やす働きがあります。
胃の粘膜を保護したり、胃酸を抑えたりする薬は症状の緩和に役立つ可能性があります。

②頭痛薬

頭痛薬には痛み止めが含まれています。
二日酔いで頭痛がする場合は、症状の緩和に役立つ可能性があります。
ただし、頭痛薬は胃を荒らすことがあるので、二日酔いで胃の調子も良くないときは、あまりおすすめできません。

まとめ

二日酔いを防ぐのにいちばん大切なことは、許容量以上の飲酒をしないことです。
また、水分補給と飲酒前に固形物を食べることは、忘れないようにして下さい。

どうしても飲酒を避けれない場合は、日頃から肝臓に栄養を補給しましょう。
バランスの取れた食事から、アミノ酸やビタミンを補うことが重要です。
食事だけで難しい場合は、モリンガも活用してみて下さい。