モリンガでニキビや吹き出物ができにくい生活習慣をサポート
ニキビや吹き出物ができると、それだけで気分が落ち込みませんか。
できることならニキビや吹き出物のないキレイな肌をずっとキープしたいですよね。
ここでは、ニキビや吹き出物ができる原因を簡単にご説明し、そうならないための予防法と改善方法をご紹介します。

ニキビの原因は毛穴の詰まり

ニキビの大元の原因は毛穴の詰まりです。
皮脂や角質が毛穴に詰まると、皮膚が盛り上がって白ニキビができます。
(大人の場合は、ニキビと呼ばず、吹き出物と呼ぶこともあります。)
白ニキビはニキビの初期症状で、これが悪化すると目立ちやすい赤ニキビ黒ニキビになります。

赤ニキビは、詰まった毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こしている状態です。
さらに、悪化すると黄色い膿が出てきます。
黒ニキビは、詰まった毛穴の中で皮脂が酸化したため、黒いボツボツのように見えます。

ニキビの原因

ニキビの原因⇒毛穴の詰まり(=白ニキビ)
白ニキビ⇒皮脂が酸化⇒黒ニキビ
白ニキビ⇒炎症⇒赤ニキビ

大人ニキビ(吹き出物)と子供ニキビの違い

ニキビの原因は毛穴の詰まりなので、大人も子供もその原因は同じです。
できる場所や症状が大人と子供で違うことが多いので、「大人ニキビ」・「子供(思春期)ニキビ」と分けて呼ぶことがあるようです。

例えば、思春期の子供は額や鼻などに、ニキビができやすいです。
こうした顔のTゾーンは皮脂腺が多い部分で、特に思春期は皮脂の分泌量が増えています。
そのため、一般的に「子供ニキビ」と呼ばれているようです。

一方、大人はアゴや口周り、フェイスラインにニキビ(吹き出物)ができやすいです。
子供のように皮脂分泌が多いために毛穴が詰まるのではなく、新陳代謝の衰えストレスの多い生活による部分が大きいです。
そのため、乾燥肌の人でもニキビ(吹き出物)はできます。

【補足:10代にニキビができやすい理由】
ニキビの炎症を引き起こすアクネ菌は、さらに細かく4種類に分類されます。
なかでもD3というアクネ菌が、ニキビができる箇所に多く存在することがわかりました。
さらに、20代以降の人に比べて、10代の皮膚にはD3が通常時でも多く存在しています。
そのため、10代にニキビが多いのはアクネ菌のD3が多いからだという可能性が示唆されました。
参考:アクネ菌を遺伝子レベルで分類し、ニキビ発生に大きく関わる種類を発見【日本メナード化粧品株式会社】

ニキビの治し方と防ぎ方

ニキビを治す方法は、短期的な対症療法長期的な体質改善の2つがあります。

短期的な対症療法とは、薬でニキビの症状を抑える方法です。
特に赤く膿のでているニキビの場合は、皮膚科に行って塗り薬や飲み薬で炎症を沈めたり、殺菌したりすることで早く目立たなくすることができます。
長期的な体質改善とは、ニキビができにくい肌の状態を保ち、ニキビができても治りやすい健康的な肌の状態にすることです。
できてしまったニキビが恥ずかしくて、すぐに目立たなくしたい時は、皮膚科に行くことをおすすめします。

ニキビを根本的に改善する

ここからは長期的な視点で体質を改善して、ニキビを予防し、キレイな肌を保つ方法についてご紹介します。

  • 肌を清潔に保つ(洗い過ぎには注意!)
  • 肌のターンオーバーのために睡眠をしっかりと取る
  • 肌に優しい栄養をしっかりと補給する
  • 腸内環境を整えて、本来の姿を取り戻す

肌を清潔に保つ(洗い過ぎには注意!)

洗顔
ニキビの原因は、毛穴の詰まりなので、肌を清潔に保つことが重要です。
例えば、大気の汚れ(排気ガス・PM2.0・花粉など)メイク汚れなどを長いあいだ放置しておくのはよくありません。
肌を清潔に保つために、特に寝る前は汚れを丁寧に洗い落としましょう。

一方で、肌には適度な油分が不可欠なので、洗い過ぎもよくありません。
肌の表面は油の皮脂膜で覆われ、外からの刺激や細菌から肌を守っているのです。
そのため、「皮脂汚れを根こそぎ落とす」と謳っているような洗浄力の高い洗顔料/石鹸はおすすめできません。
「適度な皮脂は残し、汚れだけキレイに落とす」のが理想的です。

【補足:洗顔料/石鹸は必要ない?】
ぬるま湯だけでも、汚れを洗い落とすことができます。
特に乾燥肌の人は、油分の落とし過ぎはよくありません。
一方で、脂性肌の人がぬるま湯だけで油分を落とすために、ゴシゴシとこすってしまうのもよくありません。
また、メイク汚れはお湯だけでは落ちにくいので、クレンジングや洗顔料が必要になるでしょう。
洗顔料/石鹸が必要なのか、不要なのかは、もともとの肌質とその時の肌の状態に合わせて選択して下さい。

  • ぬるま湯だけで汚れが落ちるなら、洗顔料/石鹸は不要です。
  • 落ちない場合は、洗顔料/石鹸を泡立てて、優しく汚れを落としましょう。

肌のターンオーバーのために睡眠をしっかりと取る

睡眠
「睡眠不足はお肌の大敵」という言葉をよく耳にしますが、本当にそのとおりです。
睡眠中にたくさん分泌される成長ホルモンによって、肌の細胞は分裂と再生を行っています。
これを肌のターンオーバーと呼び、外側の古い肌が剥がれ、新しい肌が現れます。
肌のターンオーバーができないと、古い肌が残り続けて毛穴が詰まってしまい、ニキビの原因になります。

一方で、ピーリングなどで古い肌を無理やり剥がすと、未発達な新しい肌が露出するので、一時的にはきれいに見えます。
しかし、未発達な状態なので傷つきやすく、数日後にはさらに悪化してしまう可能性が高いです。

そのため、睡眠時間を確保し、肌本来のターンオーバーを目指しましょう。
睡眠の改善については、下記の記事も参考にしてみて下さい。

肌に優しい栄養を補給する

栄養補給
ニキビの炎症を直接的に抑えるには、ビタミンDオメガ脂肪酸3系に含まれるα−リノレン酸などの抗炎症作用のある栄養素が効果的です。

ニキビを作らない健康な肌の状態を保つためには、バランスの取れた食事が不可欠です。

  • ビタミンミネラルは肌のメンテナンスをし、肌のターンオーバーに不可欠です。
  • ポリフェノールなどの抗酸化物質は、肌を傷つける活性酸素を無害化する働きがあります。
  • アミノ酸は肌そのものを構成する栄養素です。

このように、それぞれの栄養素が大事な役割を持っています。
そのため、どれか1つを欠くことなく、バランス良く組み合わせて取ることが重要です。

逆に脂っこいもの甘いものは、過剰な皮脂の分泌を促します。
特に精製された砂糖などは、栄養素の働きを阻害してしまいます。
我慢してストレスを感じてしまうのもよくありませんが、とり過ぎには注意しましょう。

【補足:「コラーゲン」を飲んでも美肌にはならない】
「コラーゲン」=「美肌」というイメージを持っているかもしれません。
たしかに、健康な肌組織にコラーゲンは不可欠ですが、コラーゲン自体はアミノ酸によって体内で構成されます。
コラーゲンを食べても、アミノ酸に分解され、体内で再構築されます。
そのため、肌のコラーゲンをつくるためには、アミノ酸ビタミンAビタミンCをあわせて取ることの方がはるかに効果的です。

コラーゲンを構成するアミノ酸の生成にはビタミンCが必要なため、ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成が出来なくなり、壊血病を引き起こします。またビタミンAもコラーゲンの再構築に関わっています。(中略)
コラーゲンは健康食品として、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるなどとされていますが、その有効性については十分証明されているとはいえません。

腸内環境を整える

腸内環境
腸内環境がニキビに関係しているというと、不思議に感じるかもしれませんね。
腸は身体の余分な老廃物を排出する器官です。
そのため、腸が汚れていると、老廃物を排出することができず、有害ガスが体内に留まってしまいます。
また、腸の機能が低下すると、しっかりと栄養をとっても吸収率が落ちてしまうのです。

そのため、便秘がニキビを引き起こしている可能性もあります。
便秘の方は下記の記事も参考にしてみて下さい。

モリンガの美容効果とサポート機能

モリンガには、ビタミンミネラルアミノ酸が豊富に含まれています。
また36種類の抗炎症物質に加え、オメガ脂肪酸3系ポリフェノールも含んでいます。
バランスの取れた食事が取れない方は、モリンガで補ってみてはいかがでしょうか。

モリンガは薬ではないので、塗り薬のようにニキビを直接撃退することはできません。
でも、ニキビを予防し健康的な肌を保つための強力なサポートをすることができます。
モリンガの美容効果については、下記の記事でも詳しく紹介しています。

まとめ:ニキビ(吹き出物)と予防/改善とモリンガ

今回はニキビ(吹き出物)の原因と対策について紹介しました。
すぐにでもニキビを抑えたい人は、自分で潰したりせずに、皮膚科で処置してもらうことをおすすめします。
また、根本的に改善するためには、以下の方法があります。
下の3つはモリンガを飲むことで、栄養素を補いサポートすることができます。

  • 肌を清潔に保つ(洗い過ぎには注意!)
  • 肌のターンオーバーのために睡眠をしっかりと取る
  • 肌に優しい栄養をしっかりと補給する
  • 腸内環境を整えて、本来の姿を取り戻す

ニキビを改善し、本来のキレイな肌を手にいれるために、この記事を参考に体質改善に取り組んでみてください。